ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース オーバーホールの事例

修理料金
42,984円(税込)
修理期間
約8週間
オーバーホール

今回ご紹介します時計は
ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース です。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)は1945年に誕生しました。その特徴としては、自動巻き、日付表示機能がついているほか、防水性にも優れている点で、ひじょうに実用性に優れた時計となっています。
特に日付表示はこれまでの「針式」から「ディスク式」と呼ばれる日付の数字が書かれたプレートが組み込まれたものになったため、一目で日付が確認できるようになりました。
その洗練されたスタンダードなデザインも相まって、ロレックス デイトジャストは発売から70年以上経った今も超ロングセラーモデルとして多くの人々に愛され続けています。

次の画像がお預かりしたロレックス デイトジャスト 69088 レディース です。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例1

文字盤に10個のダイヤがあしらわれ、さらにベゼル部分には32個のダイヤと4つのサファイヤで装飾された華やかさが際立つ時計です。
こちらの時計には、長く使っていただくために必要なメンテナンスであるオーバーホールをさせていただきました。

まずは本体からベルト部分を取り外します。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例2

本体の裏ブタを外して部品を外していきます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例3

まずはケースからムーブメントを取り出し、文字盤と針を外します。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例4

細かい部品をピンセットを使ってひとつひとつ丁寧に外していきます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例5

カレンダー部分を分解しました。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例6-1

さらに分解していきます。ここでは撮影用にパーツを並べていますが、本来は分解しながら洗浄用のケースに入れていきます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例6-2

摩耗しやすい部分には硬度の高いルビーが使われていますが、このルビーも外します。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例7

画像左下のピンクがかったパーツがルビーです。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例8

香箱を開け、中のゼンマイを取り出します。香箱には洗浄後新しいゼンマイを入れます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例9

分解が終わりましたので、洗浄用ケースに入れていきます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例10

ケースには仕切りがあり、部品は形状やサイズに応じて入れられていきます。小さい部品は破損を防ぐためさらに小さいケースに入れておきます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例11

ケースを3段重ねてふたをした状態で洗浄装置にセットします。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例12

今回は4つの工程をそれぞれ5分ずつ行い、合計20分で洗浄します。
洗浄後は乾燥させ、分解作業の2倍の時間をかけて丁寧に元の姿に戻していきます。この際、動力部分には油をさして正確で滑らかな動きを再現させます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例13

オーバーホール完了後のロレックス デイトジャスト 69088 レディースです。
よりよい状態を保っていただくためにも、また3年後にオーバーホールのご依頼をいただきますことを、心よりお待ち申し上げます。

ロレックス デイトジャスト(ROLEX DATEJUST)69088 レディース 修理事例14

この度はご利用いただき、ありがとうございました。

【修理費用内訳】
・ オーバーホール  42,984円(税込)

時計修理事例紹介一覧へ戻る