Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037)  オーバーホール・裏蓋ネジ取付の事例

修理料金
51,840円(税込)
修理期間
約4週間
オーバーホール その他

今回ご紹介いたします時計の修理事例は
Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph です。
ショパールは20数年来、イタリアの伝説的なカーレース「ミッレミリア(Mille Miglia)」のタイムキーパーを務めており、またミッレミリアの名を冠した限定モデルを毎年発表しています。ミッレミリアシリーズはスポーティでありながらエレガントなデザインで、精度も高く、ショパールの時計の中では非常に人気の高いシリーズです。

こちらがお客さまよりお預かりしましたショパール(Chopard)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) です。
オーバーホールと本体ケース裏蓋(5時裏側)ネジの別作取付のご依頼がありました。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例1

まずは分解作業から始めます。こちらのショパールミッレミリアはシースルーバックとなっており、内部の美しい機構がいつでも見られるようになってます。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例2

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例3

クロノグラフ機能のついた時計は、2針の時計に比べ内部構造が複雑で部品も多い分、作業にも時間と精度を要します。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例4

文字盤から針を外します。周囲を傷つけないよう透明のカバーをつけて、1つずつ丁寧に取り外します。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例5

表面の作業が終わると裏面から部品を分解していきます。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例6

クロノグラフに関する部品だけでもこれだけあります。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例7

すべて分解を終えたところです。画像左上のケースに入れて洗浄装置で汚れを落とします。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例8

オーバーホール完了後、ご依頼のありました裏蓋へのネジの取り付けを行いました。左上がお預かり時の画像で右下が作業後の画像です。5時裏側部分がネジに替わっているいるのがわかります。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例9

これで作業はすべて完了です。

Chopard(ショパール)ミッレミリア GTXL クロノグラフ(型番168459-3037) Mille Miglia Gran Turismo XL Chronograph 修理事例10

 

この度はご利用いただき、ありがとうございました。

【修理費用内訳】
・オーバーホール(分解調整)  45,000円(税抜)
・本体ケース裏蓋ネジ 別作取付  3,000円(税抜)

時計修理事例紹介一覧へ戻る