カレンダーが止まる

月日をすぐ確認できる、とても便利なアナログ時計のカレンダー機能ですが、故障を起こしやすい箇所でもあります。
カレンダーの日付が正しく切り替わらなかったり、動きが悪く、日付がずれて表示されてしまうなど、症状は様々。

機械の中で、部品が壊れてしまっている可能性があります。
不具合を感じたら、すぐに時計修理工房までご相談ください。

対処方法

カレンダー機構の油切れやパーツの破損、カレンダー板(日付の数字が刻印された板)の傷みなどがあります。
機構の油切れにはオーバーホールを行います。カレンダー送り車のピンなど、破損したパーツは交換します。

また、カレンダー板の傷みやゆがみも交換となりますが、交換せず修正対応できる場合もあります。

関連する修理メニュー

クリックすると、詳しい修理内容をご覧になれます。

修理のご依頼はこちら

動画で見る時計修理【カレンダーが止まる】