傷・汚れ

同じ腕時計を長く使っていると、当然、ケースやベルトの汚れも目立ってきます。せっかくの愛着ある時計ですから、少しでも美しい状態にしてあげたいもの。
それには、ご自分で掃除するよりも、プロに任せるのが一番です。

対処方法

汗などによるケース、バンドの汚れについては、洗浄を行います。

また、文字盤の汚れや傷みは、文字盤再生もしくは交換となります。

ケースやバンドの細かい傷や摩耗は、研磨仕上げにより補修します。

 関連する修理メニュー

クリックすると、詳しい修理内容をご覧になれます。

修理のご依頼はこちら