ベルトの不具合

腕時計の金属ベルトは、たくさんの小さなコマを細いベルトピンでつなぎ留める構造になっており、長年使い続けていると、摩耗によるベルトピンの折れなど、さまざまな不具合が現れます。

そんな場合も、時計修理工房のプロ職人の手によって、長く使い続けられます。壊れたベルトを交換せず使い続けたいという方は、ぜひご相談ください。

腕時計のベルト修理をお考えの方は、こちらをご覧ください。

対処方法

ベルトピンの折れや抜けは、調整作業により修復できることがありますが、難しい場合は、ピンの交換もしくは溶接修理を行います。
バネ棒(ベルトの付け根で、ベルトとケースをつなげている棒)が外れた場合も、バネ棒の交換になります。

なお、ベルトの溶接修理により、これまで交換でしか対応できなかった不具合も修理対応が可能となっています。

関連する修理メニュー

クリックすると、詳しい修理内容をご覧になれます。

修理のご依頼はこちら

動画で見る時計修理【ベルトの不具合】

ベルトピン折れ・紛失

レーザー溶接によるベルト修理