磁気抜き

腕時計のムーブメント(動力部)は、外部からの磁力に大きな影響を受けます。

パソコンやテレビ、携帯電話といった電気機器は磁気を発しており、腕時計がこれらの磁力を受けると、ムーブメントが磁気を帯び、本来の精度を維持できなくなってしまうのです。
そのため、腕時計の性能を維持し続けるためには、専用の機械で磁気抜きを行う必要があります。

時計修理工房では、ご依頼を頂いた腕時計の磁気抜きを行っております。他の修理と併せてでも、磁気抜きのみのご依頼でも承ります。

方位磁石の針が時計に振れている腕時計を近づけると方位磁石の針が振れたことから、腕時計が磁気を帯びていると分かります。

専用の機械で磁気をとる腕時計の磁気を抜くには、専用の機械(磁気抜き器)が必要になります。
写真は、磁気抜き器に腕時計を通し、磁気を抜いているところです。

  • 磁気抜きの料金表は、こちらをご覧ください。
  • 修理のご依頼は、「無料見積配送パック」「ご来店」のいずれかからお選びいただけます。詳しくは「時計修理の流れ」をご覧ください。

時計修理ムービー【磁気抜き】

 

注意事項

  • 修理期間は、内容により異なります。多くの場合、1週間前後が目安となります。
  • ご依頼いただいた時計が、コピー品、模造品であったことが判明した場合、ご連絡の上で返送させていただきます。その際は、往復送料全額、代引手数料をご負担いただきますのでご了承ください。