スタッフ紹介

仲 真一 Shinichi Naka

時計修理工房 時計職人

自分の仕事に妥協せず、お客様のために
あらゆるスキルを向上させていきたい

すべての時計に違いがある、そこがこの仕事の面白さ

この仕事を始めてもう長くなりますが、時計修理工房に来たのは平成24年のことです。
時計修理を始める前は、時計の販売をしていました。当時は外装のことしか分からなくて、時計の中のことも知りたいと思って、こっちの修理の世界に入ったんです。
子どもの頃から、プラモデルやラジコンといった細かい物を作るのが好きでしたから、今、こういう仕事を出来ているのはありがたいことです。

前の店を離れた理由の一つは、ここ数年、時計修理の仕事が少なくなってきたことです。昔はたくさんあったのですが、消費者の時計に対する価値観が変わってきたんでしょうか。
もう一つは、前の店はロレックス修理専門だったんです。私自身、ロレックス以外の時計修理もやりたいという思いがありましたので…。

そこへ今の社長との出会いがありまして、社長の「これから、時計修理業界でこの店を大きくしていきたい」という夢に惹かれました。転身するのに不安はなかったです。

時計修理工房では、いろんな時計を修理する機会があります。メーカーが違うと、基本的なことや構造的な作りは同じですけど、細かいところはやっぱり違います。一個一個、部品や形も違えば、故障の症状も違う。そこに今の仕事の難しさや面白さがあります。
それと、仕事量の多さも以前とは段違いです。インターネットで引き合いがあるのが大きいと思いますね。やはり数を多くやるほど自分の技術も上がっていきますので、やりがいがあります。

納期を守り、再修理のおきないように全力を

写真:時計修理仕事の中で大切にしているのは、何はなくとも納期を守ること、遅らせないこと。お客様が最も気にされるのはそこですからね。
もう一つは、再修理のないこと。修理した時計がまた止まってしまったとか、時間が合わないとか。きちんと仕事をしていないと、あとで必ず再修理という形で返ってきます。

そうならないためには、仕事をできるだけ早く、確実にすること。細かい仕事ですから、当然、集中力を切らせてはいけない。大変ですが、納期を遅らせないように努力しています。

また、私はいつも工房の中にいますが、時には店舗に来られたお客様から電池交換や分解掃除を受けたりします。そんな時は、時計の知識がない方にも分かるように、分かりやすく、ゆっくりと丁寧に説明するように心がけております。
当店のお客様には、年齢層の高い方、女性の方も多いので、いろいろ考えて言葉を選びながら接しています。そういう意味では、サービス業に近いですね。

前にいた店では、完全に技術職でした。朝から晩まで毎日ずっと分解や掃除をしていましたので、仕事で人に接することは全くなかったと言って良いと思います。ですから、ここに来たばかりの頃は、お客様への説明もなかなかうまくできませんでした。それは今でもそうですが、今後向上していきたいですね。

お客様の喜びを、直に感じられるのがうれしい

私のポリシーは、時計修理において「妥協しない」こと。一応動いてはいるが、もうちょっと頑張ればもっと良くなるかもしれない。そんな時、そのままで終わらせないというこだわりは持っています。

そうすると、どうしても作業時間がかかります。これは今後の課題ですが、やはり作業のスピードアップですね。速く、しかも確実にやっていく。これはまだまだ、向上していかねばならないと思います。
あとは、仕事をいかに段取り良く、効率良くするかということ。これは経験なので、たくさんの仕事をこなしていく中で、徐々に改善していけたらいいなと思っています。

この仕事をしていて一番の喜びはやはり、動いていなかった時計が思い通りに動いた時のものです。今までの経験とか知識をもとに、いろんなことを「ああでもない、こうでもないと」と試行錯誤しながら、うまくいった時の充実感はとても大きいです。

そして、苦労して直した時計をお客様にお渡しして、喜ばれる時はさらにうれしい。以前のように、お客様と接さずにいた時には感じることのできなかった満足があります。お客様の反応が直に分かるという意味では、今までとは全く違います。

今の仕事が私の天職だと思うし、しんどくもあり、楽しくもあります。紆余曲折ありましたが、自分にとっては、この店に来られたことが人生のクライマックスかもしれません。これから何があるか楽しみですね。

大嶋 浩治 Kouji Oshima

時計修理工房 時計職人

長年の経験と技術をもっても、うまく調整できないことはある。
そこが時計の難しさ、奥深さであり、この仕事の醍醐味です。

時計が再び動き出す瞬間が、最高の喜び

今、時計職人という仕事をやっとりますけど、この職についたばかりの頃は、しんどいこともありました。手掛けた仕事を納期までに間に合わせないかん、というのが気になって夜もまともに寝られないとか。さすがに今はそういうのも少なくなりましたが。

この仕事一筋に続けてこられたのは、動かない時計が動くようになった時の喜び、それに尽きるんじゃないかな。
古い時計に向かって四苦八苦しながら、どうにかして修正して、思い描いた通りに動かす。パーツがない部分は別のものを代用してみるとか。そこらはいわゆる経験ですね。
何十年も時計を見てきて、これをこうしたら、こう動く、という流れというかイメージは、だいたい持っています。勘の部分もあります。
そうして、パキパキとうまく動き出した瞬間、本当にうれしいですね。

時計の技術も、昔と今とでは変わってきていて、正直、電波とかソーラーになると私ら古い職人は入っていけない。自動巻とかの機械式であれば、だいたい直せるねんけど。
職人の腕の入れる部分については負けないかな。長いことしてるんでね。

一人一人の使い方に合わせたチューニングを

写真:大島浩治機械式もクォーツも、それぞれに良さがあると思います。
機械式ならではの魅力となると、毎日時計を手にとってゼンマイを巻く時の満足感だったり、ずっしりとした重厚感とかね、高級品を身につけている満足、優越感みたいなものもあるでしょうね。昔はみんな機械式を喜んで使っていたものです。

ただ、機械式の修理で大変なのは、時間合わせ。
時計はただ動くだけじゃだめで、一分一秒、正確に時を刻むようにならなければお客様は満足されません。この時間合わせに、また苦労します。特に年代物、アンティークはそうです。

時計の持ち方って、人によって違うんですわ。まっすぐ持つ人や、少し下向きに持つ人とか個人差があって、それによって、時間の誤差が出るんです。
これが実に難しくて、実際に使ってもらいながら「日に何秒進んだ」とかを見て、微調整するしかない。そうしてお客様の使い方にマッチしたところを探します。
一般的にはだいたいの平均をとって合わせるんですが、それもお客様次第で、あんまりこだわらない方もあれば、そうでない方もあります。

どうしてもうまくいかないこともあります。仕事の流れで、どっかでつまづく。
そんな時は、一旦横に置いといて、他のやりやすい仕事に取りかかります。それを一通り片付けてから気分を変えて元の仕事に戻ると、ふっとうまくいくことがあるんです。

心底好きだからこそ、この仕事を続けてこれた

これまで、時計に長く関わってきた経験はあって頭も動くんやけど、手が動かなくなったら、この仕事は終わりと思っています。
自分の考えている通りに手が動かない、こうできない。そうなったら、もうやめないと。すごく細かい部品をはさんで組み立てているんで。まあ、長くはやりたいと思いますけど。

そのためにも、この仕事は、やり続けているのがええんですな。頭と手が狂わないように。
ちょっとしたブランクが微妙に影響してくる。とても繊細なものです。それをこの年になって、つくづく思います。
やり続けることが、続ける秘訣ですかね。

だから、仕事を休むのはあまり好きでないというか、休んでいても仕事があったら気になる。やっぱり好きなんでしょうね。
時計修理というのはすごく地道な仕事で、特に人と話すこともない、そんな仕事ですが、続けてこれた理由というのも、好きだという以外にはちょっと思いつかない。
好きなことを続けてきて、何気なく時間が過ぎてきたというか、自然に染みついてしまって。
そういう意味では、私にとってこの仕事は…まあ、天職でしょうね。自分にとって、これ以上のことはないです。

桐田 辰也 Tatsuya Kirita

時計修理工房 ホームページ担当

「こんなに良いサービスを、本当にありがとう」
その声が聞きたくて、毎日パソコンの前で奮闘しています。

お客様の喜びの声が、私の原動力

現在の業務は、主に「時計修理工房」からの問い合わせ、依頼への対応全般です。その他、接客や店舗内の業務、時計のメンテナンス、他のホームページの管理など、多岐にわたっております。

当店に寄せられるお客様の反響で、最も多く頂くのは、「無料見積もりパック」へのご感想です。これは、修理お見積もりのために、商品を送っていただく箱や梱包材などを全て無料でご提供するサービスです。非常に人気の高いサービスでして、おかげさまで「手軽で便利ですね」といったお礼や喜びのメールをたくさん頂戴しています。

そういったお客様の声に触れる時が、この仕事をしていて一番喜びを感じる時ですね。中には、メールでなく、わざわざお電話でお礼を言ってくださる方もあります。

クレーム対応は、親身に、丁寧に

この仕事で大変なことは、やはりクレームへの対応です。修理したのに前とあまり調子が変わらない、すぐに止まってしまうなどというものです。

こちらがどれだけ誠意を尽くして修理しても、機械のことですから、どうしても問題はなくなりません。
そういった時には、お客様もお困りだと思いますので、相手の身になって、できるだけ親身にお話をお聞きし、こちらもできるだけのことをやろうと心がけています。

どうしようもない症状でも、そうだと相手になかなか伝わらないこともありますし、ご依頼の数が増えてくると、どうしても一つ一つの対応に時間がかかったり、把握しきれない部分もあります。
ですが、たくさんお引き合いがあるのはありがたいことですので、大変ですが、一人一人に丁寧に、と思っています。

あとは、メール越しであっても、できるだけ言葉遣いを選んで気をつけています。
当たり前のことですが、大事なことで、そういうので、すごく印象が変わったりしますからね。

ホームページでやりたいこと、いっぱいあります

今後の時計修理工房の展開としては、もっと細かく、というかマニアックな、深い部分を細かくサイトに載せていきたいと思っています。
時計や時計修理に関するより細かい知識や情報、時計のメーカーごとに異なる特色などです。
それは簡単ではないと思いますが、お客様の役に立つ情報をご提供して、時計に詳しい方にも見に来て頂けるようなサイトにしたいと考えています。

あとは期間限定プレゼントやセールなどのキャンペーン、リピーターへの付加サービス。それとメールマガジンの配信も、できたらしていきたいですね。

現在は、時計修理工房の他にも、白金堂のサイト、時計修理工具の通販サイトを運営しており、加えて、時計の販売も始めようと思っています。

時計修理工房では、お客様に寄り添った丁寧なサービスを心がけており、料金もメーカーさんに比べればかなりお得です。
ほんのわずかな修理でも全然大丈夫なので、お気軽にお問い合わせ、ご依頼いただきたいと思います。

西島 正美 Masami Nishijima

時計修理工房 スタッフ

主に「時計修理工房」の経理業務を担当し、店舗での接客対応も行う。
「お客様に一番見ていただきたいのは、当店のスタッフの人柄。皆、本当に誠心誠意、お客様に喜んでいただけるよう時計修理に取り組んでいます。私も、どなたでも気楽にご利用いただける時計修理工房を目指します」

家垣 恭子 Kyouko Iegaki

時計修理工房 スタッフ

実店舗での修理全般の接客を担当。時計ベルトの提案なども行う。
「修理された時計をお客様が心から喜ばれるのが、何よりうれしいです。接客のモットーは『お客様に安心していただく』。その点当店には熟練の職人や知識豊富なスタッフが常駐し、時計のあらゆるお悩みにご対応できます。ぜひ安心してお任せください」