【ROLEX】ロレックス オイスターパーペチュアルデイト(15210)のオーバーホール、研磨仕上げの修理事例

修理料金
75,800円(税抜)
修理期間
6週間
オーバーホール 研磨 その他

今回ご紹介いたします修理事例は、
【ロレックス】ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 です。

オイスターは「防水」、パーペチュアルは「自動巻き」を意味し、世界初の防水時計水深100mまでの防水機能がついています。ロレックスの原点ともいえるモデルです。
5分きざみにデザインされた棒状の部分が、スポーティー&エレガンスの両方を兼ねたファインリーエンジンターンドベゼルを採用されています。
ベゼルのデザインにもこだわるメーカーとして名高いロレックスならではのバリエーションの1つです。

こちらがお客様よりお預かりしたロレックス オイスターパーペチュアルデイトです。
お修理内容は、オーバーホール(分解調整)、研磨仕上げです。
※ロレックスのオーバーホールには研磨仕上げが含まれております。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例1

また、お客様より、針回しの時にリューズが空回りしているので針が回せない状態で、 ゼンマイを巻く時も重く感じるとの症状をお聞きしました。
このような場合、油切れ、もしくは油の劣化が原因であることが多いのですが、 念のため原因を注意深く探っていきますと、今回お預かりしておりますROLEXオイスターパーペチュアルデイトでは、 巻上車の軸が摩耗しており、リューズの巻き芯の先が折れて機械内部に入ったままの状態で、 ツヅミ車も摩耗しているという不具合を確認しました。

まずベルトとリューズを外し、裏ぶたを開けて、分解作業をはじめます。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例2

次の画像を見ていただきますと、リューズの巻き芯の先が折れているのがわかります。
これを画像左側の新しい巻き芯に交換します。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例3

本体ケースから自動巻き部分を取り外し、次に文字盤と針を外します。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例4

自動巻き部分を分解していきます。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例5

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例6

こちらが巻上車です。
写真では分りにくいですが、真ん中の軸の部分が摩耗しているので、新しく交換します。
画像右が古いもの、左が新しいものです。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例7

さらに機械部分を分解していきます。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例8

こちらがツヅミ車です。こちらも新しく交換いたします。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例9

こちらがリューズの巻き芯の先が折れてしまっている状態です。機械から折れた巻き芯を慎重に取り出します。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例10

分解を進めていき、部品は紛失しないように、専用容器に入れて洗浄します。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例11

洗浄後は動作を確認しながら組みなおしていきます。
摩耗しやすい部分には専用のオイルをつけて滑らかに動くよう調整します。
ロレックスのオーバーホールには研磨仕上げが含まれておりますので、研磨仕上げも行いました。
お預かり時には数多く見られたキズも研磨後はすっかりきれいになっています。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例12

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例13

作業完了後のロレックス オイスターパーペチュアルデイトです。

ロレックス ROLEX オイスターパーペチュアル(Oyster Perpetual)デイト 紳士用 キャリバー:3135 修理事例14

この度はご利用いただき、ありがとうございました。

【修理期間】6週間
【修理費用】75,800円(税抜)
【修理費用内訳】
・分解調整(分解、洗浄、調整、注油、組立、点検) 一式
(ゼンマイ・裏ブタパッキン交換、研磨仕上げを含む)39,800円(税抜)
・巻上車 交換 【摩耗の為】18,000円(税抜)
・ツヅミ車 交換 【摩耗の為】15,000円(税抜)
・巻真 交換 【折れている為】3,000円(税抜)

時計修理事例紹介一覧へ戻る
キャッシュレス5%還元バナー