柱時計(ホールクロック)出張修理

柱時計イメージ最近ではあまり見られなくなった柱時計ですが、かつてはご家庭だけでなく、学校や公共建築など様々なシーンで活躍してきました。
長きにわたり時を刻んできた柱時計には、その歴史と共に、共に生きた人々の思いも宿しているようで、何とも言えない味わいを持っています。

年月と共に古くなって動かなくなってしまった柱時計をお持ちでしたら、私たち時計修理工房にぜひご相談ください。
腕自慢のプロ職人が、出張修理にお伺いします。

ご利用の流れ

1.お問い合わせ

柱時計の出張修理をご希望の方は、電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

東京銀座店 ☎03-5579-9676(11:00~19:30 定休日なし)

奈良店 ☎0120-928-863(10:00~19:00 定休日なし)

2.ヒアリング・スケジュール調整

相談イメージ担当者が、お客様の時計の症状についてお伺いします。どんな小さなことでも、お気軽にお伝えください。

お時計の写真をお持ちでしたら、EメールかLINE@で当店にお送りください。お見積もりの参考にさせていただきます。

東京銀座店

メールアドレス:tokyo-ginza@tokei-syuri.jp
LINE@ID:@427wgefu

奈良店

メールアドレス:nara@tokei-syuri.jp
LINE@ID:@gvy4062v

次に、出張訪問の場所や日時を、ご相談のうえ決定いたします。
※出張訪問が可能なエリアは限られております。詳しくは後述の「出張訪問対象エリア」をご参照ください。

3.ご訪問・内部機械のお引き取り

職人出張イメージお約束した日時に、時計職人が訪問させていただきます。
その場で時計の現物を確認させていただき、修理代金や所要期間を、概算でお見積もりいたします。
※この際、出張・診断料金を頂戴しております(2万円程度)。何卒ご了承くださいませ。

ご承諾いただきましたら、お見積もりと修理のため、時計の内部機械を取り外してお預かりいたします。

柱時計機械正面柱時計機械側面取り外し後

4.お見積もり・修理の開始

正式なお見積もりが出来た時点でご連絡いたします。
ご承諾いただきましたら、時計の修理を開始いたします。

もし修理中に、概算お見積もり時に見られなかった症状等が確認された時は、そのつどご連絡いたします。

修理01修理02修理03

5.修理完了・ご納品・お支払い

修理が完了しましたら、当店よりご連絡を差し上げます。
その際に、ご納品の日時を、ご相談のうえ決定いたします。

その後、お約束した日時に職人がご訪問し、修理した内部機械を時計に取り付け、調整いたします。

全ての作業完了後、修理代金をお支払いください。現金または銀行振込でのお支払いが可能です。
※クレジットカードはご利用いただけません。

修理しました柱時計には、1年間の動作保証を致します。

出張訪問対応エリア

関東エリア

東京都・神奈川県・埼玉県・茨城県・千葉県
※東京銀座店(東京都中央区銀座1-15-14 水野ビル1F)より自動車で1時間30分程度の範囲とさせていただきます。

関西エリア

奈良県・京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・三重県
※奈良店(奈良市石木町100番地1 イオンタウン富雄南)より自動車で1時間30分程度の範囲とさせていただきます。

詳しい対応エリアを確認されたい方は、お手数ですが東京銀座店または奈良店に直接お問い合わせください。

料金について

修理料金(ホールクロック)

型式時打ち種類分解掃除基本料金(円・税抜)
クサリ引きビンバン・チンチャン打ち90,000
ウエストミンスター打ち100,000
スリーチャイム打ち110,000
ワイヤー式ウエストミンスター打ち105,000
スリーチャイム打ち115,000
パイプ打ちウエストミンスター打ち120,000
スリーチャイム打ち130,000
ゼンマイ式ウエストミンスター打ち100,000
  • 上記の基本料金に加え、部品代・特殊修理(メタルブッシングなど)料金が必要となる場合があります。
  • 特殊品(リピーター・アラーム)、アンティーク・クロック、和時計などは別途お見積りとなります。

出張費

出張お見積りの際は、修理を行う・行わないにかかわらず、出張費(2万円程度)を頂戴しております。何卒ご了承くださいませ。

(出張費の内訳)
・技術料・交通費(ガソリン代、高速料金、駐車場料金など実費)

柱時計修理事例

修理事例 熟練の技が時計に新たな命を吹き込みます

事例1_01事例1_02事例1_03事例1_04
事例1_05事例1_06事例1_07事例1_08

修理事例 元の美しい外観を損なわず丁寧に修理いたします

事例2_01事例2_02事例2_03事例2_04