【CHANEL】シャネルJ12 クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例

修理料金
45,000円(税抜)
修理期間
3週間
オーバーホール

今回ご紹介いたします時計の修理事例は、シャネル(CHANEL)J12クロノグラフ自動巻きです。
  シャネル(CHANEL)のフラッグシップモデルであるJ12の誕生は2000年。以降ロングセラーモデルとなりました。ケースとブレスレット全面にセラミックを採用する斬新なデザインが特徴で、自動巻きとクオーツタイプが存在します。白・黒のセラミックが基調。

お修理内容は、オーバーホール(分解調整)です。
お客様から、時計が時々止まるので、修理してほしいとのご依頼をいただきました。

【CHANEL】シャネルJ12CHANELJ12クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例①

まずは、ベルト・裏蓋から外していきます。
自動巻きのローター部分にもシャネルの刻印がされていて、見えない部分にもブランドのこだわりが感じられます。

【CHANEL】シャネルJ12CHANELJ12クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例②

本体ケース・自動巻き(ローター)部分を1つ1つ外していきます。

【CHANEL】シャネルJ12CHANELJ12クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例③

時計の本体部分を分解していきます。
パーツの損傷などないか1つ1つ確認しながらの作業をします。
原因は、油切れのようです。テンプの振りも少し低下していました。

【CHANEL】シャネルJ12CHANELJ12クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例④

こちらがクロノグラフの部分になります。
クロノグラフの内部も多くの歯車やレバーなどのパーツで構成されています。
1つ1つ不良パーツがないか確認しながら分解していきます。

【CHANEL】シャネルJ12CHANELJ12クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例⑤

分解は完了しました。

分解したパーツは専用容器に入れ、洗浄機で洗っていきます。

【CHANEL】シャネルJ12CHANELJ12クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例⑥

洗浄・乾燥後、各パーツを注油をして、組み立てていきます。
精度のチェック(持続時間や巻上テストなど)・磁気抜き、防水テストも行い、 お修理完了をなります。
この度はご利用いただき、ありがとうございました。

【CHANEL】シャネルJ12CHANELJ12クロノグラフ黒セラミック オーバーホールの修理事例⑦

時計修理事例紹介一覧へ戻る
キャッシュレス5%還元バナー