JMW TOKYO オーバーホール及びベルト修理事例

修理料金
19,000円(税抜)
修理期間
約2週間
オーバーホール ベルトの調整・交換
修理前画像 before
修理後画像 after

今回の事例はJMW TOKYOのオーバーホール及びベルト修理事例です。

クォーツ式のお時計のオーバーホールは、ムーブメント交換(機械交換)での 対応となります。
点検の結果、機械内部に潤滑油が乾きが見られました。


◆分解調整(分解、洗浄、調整、注油、組立、点検) 一式 18,000円(税抜)
(ムーブメント交換・電池交換を含む) 

◆ベルト修理  【12時側、ケース本体すぐ・バネ棒・紛失取付】 1,000円(税抜)

合計 19,000円(税抜)

BEFORE

 

AFTER

時計修理事例紹介一覧へ戻る