ROLEX ロレックス ヨットマスター メンズ オーバーホール及びベルト修理・料金紹介です。

修理料金
43,800円(税抜)
修理期間
約3週間
オーバーホール ベルトの調整・交換
修理前画像 before
修理後画像 after

今回の事例は、ロレックス ヨットマスターメンズのオーバーホール及びベルト修理・料金紹介でございます。

◆オーバーホール 29,800円(税抜)
◆研磨仕上げ   10,000円(税抜)
◆フラッシュフィット部分のバネ棒 2本交換 4,000円(税抜)
合計 43,800円(税抜)

バネ棒の劣化でケースとベルトのつなぎ目の部分の
フラッシュフィットにぐらつきがみられました。
ロレックス以外のメーカーではエンドピースとも呼ばれる部品です。
機械部分の部品やリューズ不具合はなく、交換の必要はありませんでした。

 

BEFORE

 

文字盤には2本の足があり、ネジで固定しています。
文字盤が回る等の故障はその部分の破損が原因でおこります。
ネジは紛失防止のために、本体に固定して洗浄します。

 

AFTER

時計修理事例紹介一覧へ戻る