ROLEX ロレックス Ref79174デイトジャストSSローマ数字 自動巻きのオーバーホール及びオシドリ交換事例

修理料金
57,800円(税抜)
修理期間
約4週間
オーバーホール その他
修理前画像 before
修理後画像 after


今回の事例はロレックス デイトジャスト 79174 シェルローマのオーバーホール修理です。

機械部分は動きますが、針回しができない不具合がありました。
診断の結果、リューズにつながるオシドリという部品の一部に破損が見られました。

◆分解調整(分解、洗浄、調整、注油、組立、点検) 一式 34,800円(税抜)
※文字盤がシェルの為、金額が異なります。

◆オシドリ交換 【ピン折れの為】 23,000円(税抜)

合計 57,800円(税抜)

 

BEFORE

 

AFTER

時計修理事例紹介一覧へ戻る