OMEGA(オメガ)のスピードマスター(自動巻き)のオーバーホール、ベルト中留修理及びパッキン交換の修理・料金の紹介

修理料金
47,800円(税抜)
修理期間
約4週間
オーバーホール ベルトの調整・交換 その他
修理前画像 before
修理後画像 after

今回の事例はOMEGA(オメガ) スピードマスターのオーバーホール、ベルト中留修理及びパッキン交換です。
中留のバネを紛失されて留められない状態でした。

◆分解調整(分解、洗浄、調整、注油、組立、点検) 一式 39,800円(税抜)
点検の結果、機械内部の汚れ・潤滑油の劣化がございました。

◆プラスチックパッキン交換 【劣化のため】 2,000円(税抜)

◆ベルト中留修理 6,000円(税抜)

合計 47,800円(税抜)

 

BEFORE

 

AFTER

時計修理事例紹介一覧へ戻る