腕時計ベルト溶接修理

腕時計ベルト溶接修理

修理例

例1

ブルガリのバックルとベルトのつなぎ目が折れていましたが溶接によるベルト修理で蘇りました。¥20,000(税抜)です。


before


after

 

 

例2

依頼が一番多いカルテェサントスのベルト修理。継ぎ目がほとんど分からないほどきれいに溶接されています。¥25,000(税抜)です。


before


after

例3

コルムのベルト修理です。バックルが破損してしまっています。ピンを差し込み溶接で固定しています。¥20,000(税抜)です。


before


after

例4

ロレックスコンビフラッシュフィットが外れて紛失していましたので、作成、溶接致しました。¥25,000(税抜)です。


before


after

例5

ブライトリングのバックルが折れてしまっておりましたので溶接修理致しました。¥23,000(税抜)です。

溶接修理前例6
before

溶接修理後例6
after

例6

タグホイヤーのベルトがすぐにバラバラになってしまうとのことで、可動域に差し障り無いように真ん中を溶接で固定しました。¥30,000(税抜)です。


before


after

例7

タグホイヤーのベルトで一部紛失していたパーツを作成し修理致しました。¥45,000(税抜)です。


before


after

例8

ブルガリの金無垢の時計で、バックルが破損していました。金のピンを作成したので¥30,000(税抜)です。


before


after

※上記すべての価格は一例となっています。正式な価格はお時計を拝見してからのお見積りとなります。ご了承のほど、宜しくお願い致します。